今日(読み)こんにち

精選版 日本国語大辞典「今日」の解説

こん‐にち【今日】

〘名〙
話し手が今、身を置いている、その日。きょう。本日
※懐風藻(751)春日〈巨勢多益須〉「今日良酔徳、誰言湛露恩」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「今日(コンニチ)はまだ山の手へのさねへきゃアなりません」 〔書経‐君奭〕
② 近頃。この頃。今の時代。現今。
※凌雲集(814)伏枕吟〈桑原公宮〉「倒絶兮悽今日、涙潺湲兮想昔時
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「今日(コンニチ)の形勢を見ても分明(わかる)が」
③ (「今日ある」の形で用いて) 好ましい現在の状態。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉兄「然し僕の今日(コンニチ)あるも━といふと、偉過るが、〈略〉全く叔父さんと叔母さんのお蔭です」

きょう けふ【今日】

〘名〙 話し手が、今身を置いている、その日。また、別の年・月の同じ日付けの日もいう。本日。こんにち。
※古事記(712)下・歌謡「庭雀 踞集(うずすま)りゐて 祁布(ケフ)もかも 酒漬(さかみづ)くらし」
※万葉(8C後)一八・四〇七九「三島野に霞たなびきしかすがにきのふも家布(ケフ)も雪は降りつつ」

こん‐ち【今日】

〘名〙 「こんにち(今日)」の変化した語。江戸、東京の下町ことば。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「まだ証拠がありますけれども、マア今日(コンチ)は申しません」

こん‐じつ【今日】

〘名〙 =こんにち(今日)〔広益熟字典(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「今日」の解説

こん‐にち【今日】

きょう。本日。この日。「今日より向こう三日間休業」→昨日さくじつ明日みょうにち
今の時代。「今日の世界情勢」
現在。「私が今日あるのはあなたのお陰です」
[補説]書名別項。→今日
[類語]現在現代当世当代近代現今同時代今の今様モダンコンテンポラリー時代当今当節今日日きょうび現時現下時下今時今日この頃

きょう〔けふ〕【今日】

今過ごしている、この日。本日。こんにち。「選挙は今日行われる」
その日と同じ日付や曜日の日。「来年の今日会いましょう」
[類語]本日当日

こんち【今日】

こんにち(今日)」の音変化。
「お話し申したい事もありますけれど、—はお客と一所ですから」〈逍遥当世書生気質

こん‐じつ【今日】

こんにち(今日)」に同じ。

こんにち【今日】[書名]

西東三鬼句集。昭和26年(1951)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android