今日(読み)キョウ

デジタル大辞泉の解説

きょう〔けふ〕【今日】

今過ごしている、この日。本日。こんにち。「選挙は今日行われる」
その日と同じ日付や曜日の日。「来年の今日会いましょう」

こん‐じつ【今日】

こんにち(今日)」に同じ。

こんち【今日】

こんにち(今日)」の音変化。
「お話し申したい事もありますけれど、―はお客と一所ですから」〈逍遥当世書生気質

こん‐にち【今日】

きょう。本日。この日。「今日より向こう三日間休業」→昨日(さくじつ)明日(みょうにち)
今の時代。「今日の世界情勢」
現在。「私が今日あるのはあなたのお陰です」
[補説]書名別項。→今日

こんにち【今日】[書名]

西東三鬼句集。昭和26年(1951)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょう【今日】

現在過ごしつつある、この日。本日。 「大会は-開催される」

こんち【今日】

「こんにち」の転。江戸・東京の下町ことば。 「全体-は何方どちらへ/浮雲 四迷

こんにち【今日】

きょう。この日。本日。 「 -限りで閉店いたします」
このごろ。現在。現代。 「苦難に耐えて-の繁栄を築く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう けふ【今日】

〘名〙 話し手が、今身を置いている、その日。また、別の年・月の同じ日付けの日もいう。本日。こんにち。
※古事記(712)下・歌謡「庭雀 踞集(うずすま)りゐて 祁布(ケフ)もかも 酒漬(さかみづ)くらし」
※万葉(8C後)一八・四〇七九「三島野に霞たなびきしかすがにきのふも家布(ケフ)も雪は降りつつ」

こん‐じつ【今日】

〘名〙 =こんにち(今日)〔広益熟字典(1874)〕

こん‐ち【今日】

〘名〙 「こんにち(今日)」の変化した語。江戸、東京の下町ことば。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「まだ証拠がありますけれども、マア今日(コンチ)は申しません」

こん‐にち【今日】

〘名〙
① 話し手が今、身を置いている、その日。きょう。本日。
※懐風藻(751)春日〈巨勢多益須〉「今日良酔徳、誰言湛露恩」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「今日(コンニチ)はまだ山の手へのさねへきゃアなりません」 〔書経‐君奭〕
② 近頃。この頃。今の時代。現今。
※凌雲集(814)伏枕吟〈桑原公宮〉「倒絶兮悽今日、涙潺湲兮想昔時
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「今日(コンニチ)の形勢を見ても分明(わかる)が」
③ (「今日ある」の形で用いて) 好ましい現在の状態。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉兄「然し僕の今日(コンニチ)あるも━といふと、偉過るが、〈略〉全く叔父さんと叔母さんのお蔭です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今日の関連情報