コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介護老人保健施設 かいごろうじんほけんしせつ

3件 の用語解説(介護老人保健施設の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

介護老人保健施設

老人保健施設」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいごろうじん‐ほけんしせつ〔カイゴラウジン‐〕【介護老人保健施設】

介護保険法に基づく介護保険施設の一。病状が安定している要介護者を対象に、入所者の能力に応じた自立と自宅での生活復帰を目指し、当人の意思を尊重しながら日常生活の世話や看護・医療・リハビリテーションなどのサービスを提供する施設。介護老人福祉施設介護療養型医療施設が、介護保険法に基づく「指定」であるのに対し、介護老人保健施設は「許可制」である。老健。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

介護老人保健施設
かいごろうじんほけんしせつ

介護を必要とする高齢者の自立を支援するための施設。介護保険法(平成9年法律第123号)の規定に基づき設置される。老健(ろうけん)ともいう。介護保険の対象となる介護保険施設で、要介護(1~5)と認定され、身体状況や病状が安定期にある原則65歳以上の人が入所できる。家庭への復帰を主目的とした24時間365日運営される中間施設であり、ケアプランを3か月ごとに計画し、医療的に管理された状態で機能訓練や理学療法、介護サービスなどが受けられる。介護保険法に入所期限は設けられていないが、ケアプラン作成時に身体状況や家庭環境を考慮しながら退所日が決められる。入所者は介護サービス費を1割負担するほか、食費や居住費は全額を負担しなければならないが、世帯所得に応じた減免制度もある。
 なお、2008年(平成20)から介護療養型老人保健施設が創設された。新型老健、介護療養型老健ともよばれる。この施設は、介護老人保健施設の入所者よりも、医療的な処置や管理を必要とする人を対象としており、従来の老健よりも医療機能が強化された施設である。
 厚生労働省は介護保険が適用される介護型療養病床を廃止(2017年度末までの予定)、医療保険が適用される医療型療養病床を削減する方針であり、これらの療養病床にいる医療必要度の高い患者の転院先として、介護療養型老人保健施設は位置づけられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

介護老人保健施設の関連キーワード介護保険法介護施設介護保険施設介護保険特別会計財政安定化基金指定介護療養型医療施設指定介護老人福祉施設介護保険サービス介護保険の現況介護保険料の見直し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

介護老人保健施設の関連情報