老健(読み)ろうけん

精選版 日本国語大辞典「老健」の解説

ろう‐けん ラウ‥【老健】

〘名〙 (形動) いてな身体の健やかなこと。老いても元気なさま。また、老熟してなお気力の盛んなさま。また、そのような人。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔白居易‐座中戯呈諸少年

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「老健」の解説

ろう‐けん〔ラウ‐〕【老健】

[名・形動]老いてなおからだが健康なこと。また、そのさま。
「況んやまた阿母―にして」〈蘆花不如帰
[名]介護老人保健施設」の略称
[類語]ぴんしゃんぴんぴんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう健やか強い元気健康丈夫無病息災無事健勝清勝壮健健全達者まめつつがない息災強壮強健頑健矍鑠かくしゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「老健」の解説

【老健】ろう(らう)けん

年老いて健康。また、老熟して雄健表現をいう。宋・朱熹〔(劉)病翁先生の詩に跋す〕其の(およ)んで、筆力老、衆作に出入し、(おのづか)ら一家をす。

字通「老」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「老健」の解説

老健
ろうけん

介護老人保健施設

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android