梵刹(読み)ぼんせつ

精選版 日本国語大辞典「梵刹」の解説

ぼん‐せつ【梵刹】

〘名〙 仏語。てら。寺院。ぼんさつ。
※正法眼蔵(1231‐53)仏経「近来の長老等、わづかに王臣の帖をたづさへて、の主人といふ」 〔書言故事‐釈教類〕

ぼん‐さつ【梵刹】

※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉四三「千山はの時代に開いた梵刹(ボンサツ)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「梵刹」の解説

【梵刹】ぼんさつ

寺。唐・唐彦謙〔南明山に遊ぶ〕 金銀、梵刹を拱(いだ)き 宇を照らす 石梁、秋溟に臥し 風鈴、簷語(えんご)(のきさきの音)を爲す

字通「梵」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android