コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏刹 ブッサツ

大辞林 第三版の解説

ぶっさつ【仏刹】

寺。仏塔。伽藍がらん
仏国。仏土。

ぶっせつ【仏刹】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仏刹の言及

【寺院】より

…仏教の宗教活動の中心となる建物およびその所在する領域(境内)。精舎(しようじや),僧伽藍(そうぎやらん)(伽藍(がらん)),仏刹(ぶつさつ),寺(てら)などとも呼ばれ,仏舎利をまつる塔,仏像や諸尊像をまつり仏事供養を行う諸堂,僧侶の修行のための諸施設,布教のための諸施設などを含む。
[インド]
 仏教寺院は,釈迦が比丘(びく)たちの修行のため,雨季に一定の土地を画して(結界)止住させた(安居(あんご))ことに始まる。…

※「仏刹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仏刹の関連キーワード節・竊・切・刹・截・折・拙・接・摂・攝・泄・渫・窃・節・褻・設・説・雪河合寺浄刹寺院蘭若仏塔伽藍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android