仏刹(読み)ぶっせつ

精選版 日本国語大辞典「仏刹」の解説

ぶっ‐せつ【仏刹】

〘名〙 (「せつ」は「」の慣用音)
① (「刹(せつ)」はkṣetra の音訳、刹多羅の略。土、国の意) 土。仏国浄土。ぶっさつ。
※往生要集(984‐985)大文二「無央数之仏刹。如咫尺往来」
寺院仏閣。また、特にの塔をいう。ぶっさつ。
書紀(720)推古一四年五月(岩崎本訓)「方に仏刹(音読)を建てむと将て、肇めて舎利(音読)を求む」 〔江休復‐牟駝岡閲馬詩〕

ぶっ‐さつ【仏刹】

江戸繁昌記(1832‐36)四「乃神叢仏刹(ブッサツ)に至るまで、て寂寥」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の仏刹の言及

【寺院】より

…仏教の宗教活動の中心となる建物およびその所在する領域(境内)。精舎(しようじや),僧伽藍(そうぎやらん)(伽藍(がらん)),仏刹(ぶつさつ),寺(てら)などとも呼ばれ,仏舎利をまつる塔,仏像や諸尊像をまつり仏事供養を行う諸堂,僧侶の修行のための諸施設,布教のための諸施設などを含む。
[インド]
 仏教寺院は,釈迦が比丘(びく)たちの修行のため,雨季に一定の土地を画して(結界)止住させた(安居(あんご))ことに始まる。…

※「仏刹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android