コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他生 タショウ

デジタル大辞泉の解説

た‐しょう〔‐シヤウ〕【他生】

仏語。今生(こんじょう)からみて、前世(ぜんせ)と来世(らいせ)。
そのものの力ではなく、他の原因によってあるものをじること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

他生

allogenic: 他の所で生成したものであるという意味.allothigenicと同義.岩石の一部が生成以前に他所で生成された時に,この部分を他生のものであるという.礫岩中の礫,砂岩中の砂粒は他生の例[渡辺編 : 1935].プロジェネティック(progenetic)[Payne : 1942].
allothigenic: この語は現在の場所に存在している岩石の外部に起源がある鉱物などに用いられる.堆積岩ではすべての破砕粒が含まれ,火成岩では母マグマ以外の起源である捕獲岩や捕獲結晶が含まれる.構造的な意味では,allothigenous nappeなどが使用されることがあり,もともとの場所から移動して根がないナッペに使用される[Kalkowsky : 1880, Pettijohn : 1949].ギリシャ語のallothigenesは他の所で作られたという意味.allochthonous, allogenic, allothigene, allothigenousなど同様の意味である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たしょう【他生】

〘仏〙 今生こんじように対して、過去または未来の世における生存。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

他生の関連キーワードイブラーヒーム・アル・クーニー一樹の陰一河の流れも他生の縁アロシチキトスのイエズス会伝道所一河の流れを汲むも他生の縁順応(生物学、心理学)クリフォード ショー袖振り合うも多生の縁袖振り合うも多少の縁プロジェネテイック他・咤・多・太・汰躓く石も縁の端戦傷病者手帳(農業)集落植物ホルモン他生放出物生物多様性水気耕栽培湖底堆積物外来放出物

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他生の関連情報