コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台長なす

デジタル大辞泉プラスの解説

仙台長なす

宮城県仙台市名取市などで生産されるナス。形状は細長く、果皮は黒紫色。来歴不明だが、伊達政宗文禄の役に出陣した際、藩士の一人が博多から原種を持ち帰ったとの伝承がある。名物の長なす着けに加工される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

仙台長なす[果菜類]
せんだいながなす

東北地方、宮城県地域ブランド
仙台市で生産されている。長なすは、伊達政宗が豊臣秀吉朝鮮出兵で出陣した折、博多から持ち帰ったといわれる。仙台以外の土地で栽培しても同じようには育たないとされる。すんなりと細長く艶やかである。塩漬けにしたものが仙台長なす漬で、皮が薄く、しなやかな歯応え塩分控えめの上品な味わいが特徴。酒の肴としても喜ばれている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

仙台長なすの関連キーワード宮城県仙台市東北地方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙台長なすの関連情報