コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙源抄 せんげんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙源抄
せんげんしょう

1巻。『源氏物語』の辞書。長慶天皇撰。弘和1=永徳1 (1381) 年成る。『源氏物語』中の主要語句を千余項選んで,いろは順に配列し,先行の『水源抄』『紫明抄』などを引いて簡単な注解を示し,自説を付記している。仙洞 (上皇の御所) でつくられたことから,この名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんげんしょう〔センゲンセウ〕【仙源抄】

源氏物語の注釈書。1巻。長慶天皇著。弘和元年=永徳元年(1381)成立。難語をいろは順に配列し、注釈を施したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんげんしょう【仙源抄】

注釈書。一巻。長慶天皇著。1381年成立。源氏物語の難語をいろは順に配列し注釈を施したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仙源抄の関連キーワード一巻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android