仮にも(読み)かりにも

精選版 日本国語大辞典「仮にも」の解説

かりに【仮に】 も

① ほんの一時的にでも。ちょっとでも。かりそめにも。
(イ) 確定文に用いる。
※伊勢物語(10C前)五八「葎生ひて荒れたる宿のうれたきはかりにも鬼のすだくなりけり」
() 仮定事柄、または仮定条件句に用いる。
源氏(1001‐14頃)末摘花「かりにもおはし通はむを、咎め給べき人なし」
② たとえ一時的、もしくはうわべだけであっても、ので、下に打消、反語、禁止などを伴い、その意味を強める。冗談にも。決して。絶対に。
※源氏(1001‐14頃)御法「ひとたび家をいで給ひなば、かりにもこの世をかへりみんとはおぼしをきてず」
実質は十分に備えていないかもしれないが、少なくとも、と強調する意を表わす。いやしくも。
※龍潭譚(1896)〈泉鏡花〉大沼「たとへ恐しきものなればとて、かりにもわが優しき姉上の姿に化(け)したる上は、われへてむごからむや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仮にも」の解説

かりに‐も【仮にも】

[副]
(あとに打消しの語や反語を伴って)打消し・反語の意味を強める。決して。いささかでも。かりそめにも。「仮にも良心を欺くようなことはしたくない」
十分でないにせよ、一応ある事実があることを表す。曲がりなりにも。かりそめにも。「仮にも宣言したのであるならば実行すべきである」
一時的にも。ちょっとでも。
弓矢とる身は、―名こそ惜しうへ」〈平家・四〉
[類語]かりそめにもいやしくも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android