コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意抽出法 にんいちゅうしゅつほうrandom sampling method

2件 の用語解説(任意抽出法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意抽出法
にんいちゅうしゅつほう
random sampling method

無作為抽出法,確率抽出法ともいう。統計調査法の一つで,確率論に基づき,母集団から無作為に抽出された標本によって,母集団の特性を推定しようとする方法。抽出の仕方によって,(1) まったく無作為に抽出する単純抽出,(2) 母集団をいくつかの段階に分けて標本抽出を行う多段抽出,(3) 抽出単位を,あらかじめ一定の属性でいくつかの層 (部類) に分けておき,層ごとに別々の単位の確率抽出を行う層別抽出,(4) 一定の間隔をもって標本抽出を行う等間隔抽出 (系統的抽出) などの方法がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の任意抽出法の言及

【抽出法】より

…統計調査の対象となる集団からその構成要素の一部分(標本)をとりだして調査に付すいわゆる標本調査において,標本のとり方を抽出法(あるいは標本抽出法)という。抽出法にはいろいろな技法があるが,各構成要素を標本にするか否かを一定の確率法則に従う手段で決める方法を無作為抽出法(あるいは任意抽出法),確率的には決めない方法を有意抽出法(あるいは有意選択法)という。有意抽出法の代表的なものとしては,アンケート法,典型(調査)法,割当法などがあり,これらはそれぞれ目的や抽出法を異にする。…

※「任意抽出法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone