コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱数表 ランスウヒョウ

4件 の用語解説(乱数表の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らんすう‐ひょう〔‐ヘウ〕【乱数表】

0から9までの数字を全く無秩序に、しかも出現の確率が同じになるように並べた表。統計調査で標本の無作為抽出をするときなどに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

乱数表【らんすうひょう】

0から9までの数字をランダムに並べた表。どの部分をとっても0〜9の数字が同じ確率(1/10)で現れるように作られる。任意抽出その他標本調査実験計画法に応用される。
→関連項目無作為抽出

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

らんすうひょう【乱数表】

0 から 9 までの数字が全くでたらめの順序に並び、しかもどの部分をとっても各数字の表れ方が同じ確率になるよう、数字を並べた表。統計での無作為抽出や暗号などに利用する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乱数表
らんすうひょう

乱数表とは、ひと口にいえば0から9までの数字をでたらめに並べた表のことである。しかしその作り方はそう簡単ではない。たとえば、0から9までの数字を記入したカードを1枚ずつ全部で10枚用意し、そのなかから無作為に抽出した1枚のカードに記入されている数字n1を記録し、次にそのカードを元に戻してもう一度1枚のカードを無作為に抽出し、その数字n2を記録し、この操作を繰り返して得られる数字をn1n2n3……と並べたものが乱数表である。また正二十面体の各面に0から9までの数字を2個ずつ書き入れておき、この正二十面体を振って出た数字を書き並べて乱数表をつくることができる。いずれにしても、つくられた表について各数字が均等に現れているか、一定の数字の間隔の分布が理論的に計算されたものに近いかどうかなど、いくつかの無作為性の検定を行い、それに合格したものが乱数表となる。
 確率の問題では、カードやさいころなどを用いるものがあるが、これらについて実験をする場合には、カードやさいころをそのまま使用するより乱数表を利用するほうが簡単である。
 乱数表は無作為抽出を行う場合に利用される。いま85人のうちから10人を無作為に選んでみよう。次のような乱数表があるとする。
6711094896299453844167419015236254490206………………
85人のおのおのに01から85までの番号をつける。次にこの乱数表で2数字ずつにくぎって00から99までの100個の数字が無作為に並んでいるものとみて、左から右へ進み、00と86以上の数および同じ数が出たときは2回目からは捨てることにする。こうして
67,11,09,48,29,53,84,41,15,23
の番号のついた10人を選び出すことができる。
 なお、多量の乱数を必要とすることが多いので、計算機に乱数発生ルーチンが用意されている。ただし、これは厳密にいえば擬似乱数というべきものである。[古屋 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乱数表の関連キーワード方陣数独アトランダム数字数字譜並べ立てるランダムローマ数字デデンダムランダム誤差

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乱数表の関連情報