コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱数表 ランスウヒョウ

百科事典マイペディアの解説

乱数表【らんすうひょう】

0から9までの数字をランダムに並べた表。どの部分をとっても0〜9の数字が同じ確率(1/10)で現れるように作られる。任意抽出その他標本調査実験計画法に応用される。
→関連項目無作為抽出

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

らんすうひょう【乱数表】

0 から 9 までの数字が全くでたらめの順序に並び、しかもどの部分をとっても各数字の表れ方が同じ確率になるよう、数字を並べた表。統計での無作為抽出や暗号などに利用する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乱数表
らんすうひょう

乱数表とは、ひと口にいえば0から9までの数字をでたらめに並べた表のことである。しかしその作り方はそう簡単ではない。たとえば、0から9までの数字を記入したカードを1枚ずつ全部で10枚用意し、そのなかから無作為に抽出した1枚のカードに記入されている数字n1を記録し、次にそのカードを元に戻してもう一度1枚のカードを無作為に抽出し、その数字n2を記録し、この操作を繰り返して得られる数字をn1n2n3……と並べたものが乱数表である。また正二十面体の各面に0から9までの数字を2個ずつ書き入れておき、この正二十面体を振って出た数字を書き並べて乱数表をつくることができる。いずれにしても、つくられた表について各数字が均等に現れているか、一定の数字の間隔の分布が理論的に計算されたものに近いかどうかなど、いくつかの無作為性の検定を行い、それに合格したものが乱数表となる。
 確率の問題では、カードやさいころなどを用いるものがあるが、これらについて実験をする場合には、カードやさいころをそのまま使用するより乱数表を利用するほうが簡単である。
 乱数表は無作為抽出を行う場合に利用される。いま85人のうちから10人を無作為に選んでみよう。次のような乱数表があるとする。
6711094896299453844167419015236254490206………………
85人のおのおのに01から85までの番号をつける。次にこの乱数表で2数字ずつにくぎって00から99までの100個の数字が無作為に並んでいるものとみて、左から右へ進み、00と86以上の数および同じ数が出たときは2回目からは捨てることにする。こうして
67,11,09,48,29,53,84,41,15,23
の番号のついた10人を選び出すことができる。
 なお、多量の乱数を必要とすることが多いので、計算機に乱数発生ルーチンが用意されている。ただし、これは厳密にいえば擬似乱数というべきものである。[古屋 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乱数表の関連キーワードヤング(La Monte Young)任意抜き取り・任意抜取りチャンス・オペレーションrandomiseモンテカルロ法等間隔抽出法永瀬 三吾二要素認証系統抽出法品種鑑定分布関数無秩序さ永瀬三吾統計乱数暗号順序

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乱数表の関連情報