コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊佐早荘 いさはやのしょう

2件 の用語解説(伊佐早荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊佐早荘【いさはやのしょう】

肥前国高来(たかき)郡内に置かれた荘園。彼杵(そのき)荘と境を接し,長崎半島東部をも含み,現在の諫早市を中心に小長井町(現・諫早市)・飯盛町(現・諫早市)・長崎市・野母崎町(現・長崎市)などにわたる一帯に比定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いさはやのしょう【伊佐早荘】

肥前国高来郡(現,長崎県諫早市,北高来郡)の荘園。平安時代末に伊佐早村田畠が本領主藤井宮時より宇佐宮権検校円昭に譲られ,さらに円昭より宇佐大宮司公通に譲られて公通の私領になったという。《高城寺文書》宝治1年(1247)10月6日六波羅施行状案で,伊佐早荘遠竹村地頭職に高木勝丸が補任されたのが伊佐早荘の初見史料である。また永野村地頭職を筑前国宗像大宮司が知行し,1260年(文応1)本主永野氏と相論して,東西に下地中分したことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊佐早荘の関連キーワード諫早市雲仙南島原大島寛爾志波三九郎宣安明言土橋貞恵野副重一安富泰重

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone