コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊南(読み)いな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊南
いな

福島県南西部,南会津町西部の旧村域。只見川上流の伊南川流域に位置する。 1955年大川村と合体。 2006年田島町,舘岩村,南郷村と合体して南会津町となった。農林業が主産業。周辺に南会津の高い山々があり,豪雪地帯で,山菜の里として知られる。リンドウの栽培も盛んである。中心地区の古町は,沼田街道 (国道 401号線) に沿う街村。剣道が盛んで,剣道の郷としても有名。駒岳神社の大桃 (おおもも) の舞台は国の重要有形民俗文化財。檜枝岐川上流に小豆温泉 (あずきおんせん) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊南
いな

福島県南西部、南会津郡にあった旧村名(伊南村(むら))。現在は南会津町の西部を占める地域。旧伊南村は、1955年(昭和30)大川村と合併。2006年(平成18)田島町、舘岩(たていわ)村、南郷(なんごう)村と合併して南会津町となった。国道352号、401号が通じる。伊南川上流にあり、中世の伊南郷の地。中心の古町(ふるまち)は天正(てんしょう)年間(1573~1592)に河原田氏が館(やかた)を構えたと伝える。江戸時代は沼田街道の宿駅で、市(いち)も開かれた。伊南川の氾濫原(はんらんげん)は幅約1キロメートルで、米作のほかトマト栽培も行われる。駒嶽(こまがたけ)神社境内の大桃(おおもも)の舞台は国の重要有形民俗文化財。古町の大イチョウは県指定天然記念物。伊南川沿いに古町温泉、伊南川上流檜枝岐(ひのえまた)川沿いに小豆(あずき)温泉がある。[安田初雄]
『『伊南村史』全6巻(2000~ ・伊南村、南会津町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊南の関連情報