コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古町

4件 の用語解説(古町の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

古町

古町通りを中心に、西堀通りから本町通りまで広がる繁華街。起源は江戸時代にさかのぼり、物資運搬のため堀が整備され、商家や料亭が並んだ。明治時代になると、外国船も立ち寄るようになり、税関や領事館などもつくられた。かつては「本町」と呼ばれていたが、明治に新しい本町(現在の本町通)ができ、古町と呼ばれるようになったとされる。花柳界は昭和初期には隆盛を誇り、祇園(京都)や新橋(東京)と並び称されていた。現在の中心市街地が確立されたのは昭和初期に大和と小林百貨店(現新潟三越)が開店してから。商店街は二つの百貨店と共に発展してきた。

(2009-10-16 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古町の言及

【江戸】より

江戸城の拡充,武家地の造成とともに,日本橋,京橋,神田といった市街地が整然とした区画で整備されていった。これらの町は,寛永年間(1624‐44)までに約300町に達し,のちに古町とか草創地と呼ばれるようになった。これらの町には呉服,木綿,米,魚などを取り扱う商人とともに,鍛冶,染,大工,武具などの製作・加工に従事する職人が多かったことはいうまでもない。…

※「古町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古町の関連キーワード椹木町通り麩屋町通り元町通り間之町通り木屋町通り車屋町通り御幸町通り堺町通り土手町通り両替町通り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古町の関連情報