コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊吹武彦 いぶき たけひこ

2件 の用語解説(伊吹武彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊吹武彦 いぶき-たけひこ

1901-1982 昭和時代のフランス文学者。
明治34年1月27日生まれ。三高教授をへて昭和24年京大教授。フランス近・現代文学の翻訳につとめ,21年「世界文学」誌を主宰。サルトル,カミュらの実存主義の紹介に貢献した。昭和57年10月12日死去。81歳。大阪出身。東京帝大卒。旧姓は森。著作に「近代仏蘭西(フランス)文学の展望」,編著に「仏和大辞典」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊吹武彦
いぶきたけひこ
(1901―1982)

フランス文学者。大阪生まれ。東京帝国大学仏文科卒。京大教授。ラフォルグプルーストジッドバレリーらの文学と文体論を専攻。第二次世界大戦後は『世界文学』を発刊し、いち早くサルトル、カミュを紹介した。フロベールボバリー夫人』、ラクロ危険な関係』ほか、翻訳多数。とくに20年間の心血を注いだ『仏和大辞典』(1981)編集の功績は大きい。また、京都・パリ姉妹都市の結成など、日仏文化交流に尽力し、1961年にレジオン・ドヌール勲章を受けた。著書に『近代仏蘭西(フランス)文学の展望』(1963)、『ジュール・ラフォルグの文体』(1964)がある。[窪田般彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊吹武彦の関連キーワード小場瀬卓三小林竜雄斎藤磯雄斎藤一寛鈴木健郎鈴木力衛高橋広江太宰施門花輪莞爾広瀬哲士

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊吹武彦の関連情報