コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊地知重貞 いじち しげさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊地知重貞 いじち-しげさだ

?-1527 室町-戦国時代の武将。
薩摩(さつま)(鹿児島県)の島津忠昌(ただまさ)・勝久につかえる。桂庵(けいあん)玄樹の教えをうけ,文明13年(1481)桂庵と朱子の「大学章句」を刊行した。大永(たいえい)6年島津貴久の宗家継承に反対して島津実久(さねひさ)に属して謀反をおこし,7年6月7日島津貴久の実父忠良(ただよし)に殺された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊地知重貞の関連キーワード延徳版

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android