コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東満所 いとうまんしょ

4件 の用語解説(伊東満所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊東満所
いとうまんしょ

[生]元亀1(1570)?
[没]慶長17(1612).10.1.
安土桃山時代キリシタン教徒。天正遣欧使節の首席。日向の城主伊東義祐の外孫で大友宗麟の甥にあたる祐益とする説もある。満所とは洗礼名 Mancioを漢字で書いたもの。天正8 (1580) 年臼杵で受洗,同 10年 13歳で九州のキリシタン大名大村,大友,有馬氏の使節の正使として,副使千々石ミゲル,随員原マルチノ中浦ジュリアンとともに,宣教師 A.バリニャーノの案内で,ポルトガルスペインイタリアを歴遊し,同 13年夏,ローマで教皇グレゴリウス 13世に謁見,同 18年帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いとう‐マンショ【伊東満所】

[1569ころ~1612]《マンショ(Mancio)は洗礼名》天正遣欧使節の正使の一人。大友宗麟(おおともそうりん)の姪の孫といわれるが確かではない。帰国後、イエズス会に入り、のち司祭。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊東満所

没年:慶長17.10.21(1612.11.13)
生年:永禄12頃(1569)
天正遣欧使節の正使のひとり。日向(宮崎県)領主伊東氏第10代義祐の娘町上と伊東修理亮祐青の子といわれる。豊後(大分県)大名大友宗麟の縁戚に当たる。都於郡(宮崎県西都市)出身。天正8(1580)年豊後府内で受洗しマンショの洗礼名を得る。その名の由来は不明。同年有馬セミナリオ(神学校)に1期生として入学。ヴァリニァーノによって,遣欧使節の宗麟の名代として千々石清左衛門,中浦ジュリアンらと天正10(1582)年ポルトガル,スペイン,イタリアに派遣され,ローマ教皇にも謁見し,各地で大歓迎を受ける。同18年帰国。翌年,京都聚楽第で関白秀吉に謁見。仕官をすすめられたが断り,同19年天草河内浦(長崎県)のイエズス会修練院でイエズス会に入会。慶長6(1601)年より3年近くマカオに留学し,同13年長崎で司教セルケイラによって司祭に叙階され,九州各地および萩,山口においてキリシタンの布教に努めた。長崎のイエズス会のコレジョ(学院)において病死する。<参考文献>松田毅一『天正遣欧使節』

(宮崎賢太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いとうマンショ【伊東満所】

1570頃~1612) 室町末期のキリスト教徒。日向の人。天正遣欧使節の正使。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊東満所の関連キーワード遣欧使節千々石ミゲル天正遣欧使節原マルチノ伊東マンショ慶長遣欧使節団天正遣欧少年使節グワルチェリ千々石清左衛門淵辺徳蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊東満所の関連情報