コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東祐相 いとう すけとも

1件 の用語解説(伊東祐相の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東祐相 いとう-すけとも

1812-1874 江戸時代後期の大名。
文化9年8月12日生まれ。伊東祐民の次男。叔父伊東祐丕(すけひろ)の跡をつぎ,文化11年3歳で日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩主伊東家13代となる。文政12年奏者番。天保(てんぽう)2年藩校振徳堂を設立し,安井滄洲(そうしゅう)を学頭に,その子息軒(そっけん)を助教に起用。書画,詩文にすぐれた。明治7年10月21日死去。63歳。号は李門。
【格言など】勤王佐幕その義一なり(佐幕か勤王かをとわれて)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の伊東祐相の言及

【飫肥藩】より

…日向国那珂郡飫肥に藩庁を置いた外様小藩。1587年(天正15)豊臣秀吉の九州出兵後,伊東祐兵(すけたか)が那珂・宮崎両郡に高2万8000石を給されたのが藩の興りである。2代祐慶(すけのり)のときに5万7086石の検地高をみたが,その後2度の分知があって総高5万1000石の石高が確定した。5代祐実は,1684年(貞享1)の地震によって被害をうけた飫肥城の修築,郷士制の制定,士農に対する盆踊の公認など果敢な政策を実施し,藩中興の主に位置づけられる。…

※「伊東祐相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊東祐相の関連キーワード本多康融酒井忠発有馬氏貞黒田長元丹羽氏賢一柳末昭堀直温前田利極松平定和松浦曜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone