コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊都内親王(読み)いとないしんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊都内親王
いとないしんのう

[生]?
[没]貞観3(861).京都
桓武天皇の皇女。母は藤原南子。阿保親王の妃となり,在原行平,業平を生んだ。奈良興福寺に伊都内親王願文が残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊都内親王 いとないしんのう

?-861 平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の皇女。
母は藤原平子(へいし)。阿保(あぼ)親王と結婚し,在原業平(ありはらの-なりひら)を生む。一説に在原行平(ゆきひら)も生んだという。天長10年(833)興福寺墾田を寄進,このときの願文(がんもん)は橘逸勢(たちばなの-はやなり)の筆とつたえられている。業平にあたえた歌が「古今和歌集」にある。貞観(じょうがん)3年9月19日死去。名は伊登,伊豆ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊都内親王

没年:貞観3.9.19(861.10.26)
生年:生年不詳
平安前期の皇女,在原業平の母。「伊登」「伊豆」とも書く。桓武天皇と藤原乙叡の娘平子の子。外祖父乙叡は右大臣を父とし,母百済王明信への桓武の寵愛もあって早くに中納言となるが,桓武の死後伊予親王事件で失脚し,翌年死去。内親王は幼少で父と外祖父を失った。天長初年ごろ,薬子の変による左遷が解けた平城天皇の子,阿保親王と結婚,天長2(825)年に業平が生まれた。橘逸勢の筆と伝えられる「伊都内親王御施入願文」によると,同10年,母の遺言により興福寺に墾田を寄進とあり,このころ母を失っている。承和9(842)年に阿保親王が死去。嘉祥1(848)年,京の宅に落雷があった。晩年は長岡に暮らし,京に住む業平の訪れを待つ日々であった(『伊勢物語』)。

(西野悠紀子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android