コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伍堂卓雄 ごどう たくお

2件 の用語解説(伍堂卓雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伍堂卓雄 ごどう-たくお

1877-1956 大正-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治10年9月23日生まれ。海軍にはいり,大正13年呉工廠長,15年造兵中将。昭和3年予備役となり,4年昭和製鋼所社長。12年林内閣の鉄道相兼商工相,14年阿部内閣の農相兼商工相。貴族院議員東京商工会議所会頭や日本能率協会会長などもつとめた。昭和31年4月7日死去。78歳。石川県出身。東京帝大卒。著作に「国防資源論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伍堂卓雄
ごどうたくお
(1877―1956)

海軍出身の政財界人。東京生まれ。1901年(明治34)東京帝国大学造兵学科卒業。海軍の造兵技術者としての道を歩み、1924年(大正13)呉工廠(くれこうしょう)長、1926年造兵中将となる。その後、予備役となり、1929年(昭和4)昭和製鋼所社長に就任。1937年林銑十郎(せんじゅうろう)内閣の商工相兼鉄相、貴族院議員、1939年阿部信行(あべのぶゆき)内閣の商工相兼農相として政界に進出。また1942年日本能率協会会長、1943年商工組合中央会会長などを歴任、財界でも重きをなす。工業規格統一を提唱するなど、戦時下の生産効率向上に努めた。終戦後、戦犯に指名されたが1947年(昭和22)釈放された。1952年追放解除後、日本能率協会会長に復帰。[小田部雄次]
『裴富吉著『伍堂卓雄海軍造兵中将――日本産業能率史における軍人能率指導者の経営思想』(2007・三恵社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伍堂卓雄の関連キーワード青柳郁次郎井上範今村幸男小野重行熊沢一衛古賀愛子笹尾正一島定治郎田村嘉平八並武治

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone