コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伍堂卓雄(読み)ごどう たくお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伍堂卓雄 ごどう-たくお

1877-1956 大正-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治10年9月23日生まれ。海軍にはいり,大正13年呉工廠長,15年造兵中将。昭和3年予備役となり,4年昭和製鋼所社長。12年林内閣の鉄道相兼商工相,14年阿部内閣の農相兼商工相。貴族院議員。東京商工会議所会頭や日本能率協会会長などもつとめた。昭和31年4月7日死去。78歳。石川県出身。東京帝大卒。著作に「国防資源論」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伍堂卓雄
ごどうたくお
(1877―1956)

海軍出身の政財界人。東京生まれ。1901年(明治34)東京帝国大学造兵学科卒業。海軍の造兵技術者としての道を歩み、1924年(大正13)呉工廠(くれこうしょう)長、1926年造兵中将となる。その後、予備役となり、1929年(昭和4)昭和製鋼所社長に就任。1937年林銑十郎(せんじゅうろう)内閣の商工相兼鉄相、貴族院議員、1939年阿部信行(あべのぶゆき)内閣の商工相兼農相として政界に進出。また1942年日本能率協会会長、1943年商工組合中央会会長などを歴任、財界でも重きをなす。工業規格統一を提唱するなど、戦時下の生産効率向上に努めた。終戦後、戦犯に指名されたが1947年(昭和22)釈放された。1952年追放解除後、日本能率協会会長に復帰。[小田部雄次]
『裴富吉著『伍堂卓雄海軍造兵中将――日本産業能率史における軍人能率指導者の経営思想』(2007・三恵社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android