会同(読み)カイドウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐どう〔クワイ‐〕【会同】

[名](スル)
ある目的のために、たくさんの人が1か所に集まること。会合。
物事が集まって一つになること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいどう【会同】

( 名 ) スル
会議のために人々が集まること。会合。 「其国人を統合-せしめたるものを君主と考定し/民約論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐どう クヮイ‥【会同】

〘名〙
① 物事がじところに集まり合うこと。集まって一つになること。
※立会略則(1871)〈渋沢栄一〉通商会社「商社は会同一和する者の、倶に利益を謀り生計を営むものなれども」
② 人々がある目的のために一か所に寄り合うこと。会合。集会。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・暮秋即事〈藤原忠通〉「日暮冬来促感程。会同終夜興猶成」
学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉五「社中会同の時に述べたる詞を文章に記たるものなれば」 〔詩経‐小雅〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会同の関連情報