コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会同 カイドウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐どう〔クワイ‐〕【会同】

[名](スル)
ある目的のために、たくさんの人が1か所に集まること。会合。
物事が集まって一つになること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいどう【会同】

( 名 ) スル
会議のために人々が集まること。会合。 「其国人を統合-せしめたるものを君主と考定し/民約論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

会同の関連キーワードホワイホワ(懐化)地区ウィリアム3世暗殺計画アンドルー カニンガム治安警察法(抄)庫倫辦事大臣中谷 ミユキ本城 安太郎戸沢 百花羞稲垣 稔次郎池田 政礼池田 永治桜井 忠興鵜沢 四丁館林 千里西畑起佐子丙辰丸盟約佐伯 米子赤沢 乾一戸沢百花羞上京臨潢府

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会同の関連情報