コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会寧府 かいねいふHui-ning-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会寧府
かいねいふ
Hui-ning-fu

中国,朝初期の首都。上京 (じょうけい) 会寧府。按出虎水 (阿什河〈アシホ〉) 流域の平野の中心に位置し,渤海 (ぼっかい) 国のとき海古勒地という。金朝を興した女真の完顔氏の根拠地で,収国1 (1115) 年の金朝成立後,燕京 (えんけい) 遷都までの首都。按拙虎,阿朮滸 (ともに女真語で金の意) ,またそれを漢訳した金源の名で呼ばれ,第2代太宗のとき会寧府となり,第3代煕宗のとき上京と号した (38) 。第4代海陵王は貞元1 (53) 年燕京に遷都して上京の号を削除,大定 13 (73) 年第5代世宗のとき上京の号を復活し,金国の発祥地として尊奉された。元代に廃虚化し,現在の黒竜江省哈爾浜 (ハルビン) 市南東約 30km,阿城県南に土壁のみの故城が存在。俗称を白城または敗城という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会寧府
かいねいふ

中国、金(きん)朝の首都。その遺跡は黒竜江省ハルビンの南東30キロメートルの阿城県にある。1115年金朝の太祖阿骨打(アクダ)がここに都を置いて以来、第4代の海陵王が燕京(えんけい)(北京(ペキン))に遷都するまで約40年間首都であった。国初には按出虎(アルチュフ)とよばれたが、第2代太宗の時代に会寧府と改められ、1138年第3代煕宗(きそう)の時代に上京会寧府と称された。[若松 寛]
『村田治郎著『満州の史蹟』(1944・座右宝刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

会寧府の関連キーワードアーチョン(阿城)市白城遺跡李施愛阿骨打五京

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android