会寧府(読み)かいねいふ(英語表記)Hui-ning-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会寧府
かいねいふ
Hui-ning-fu

中国,朝初期の首都。上京 (じょうけい) 会寧府。按出虎水 (阿什河〈アシホ〉) 流域の平野の中心に位置し,渤海 (ぼっかい) 国のとき海古勒地という。金朝を興した女真の完顔氏の根拠地で,収国1 (1115) 年の金朝成立後,燕京 (えんけい) 遷都までの首都。按拙虎,阿朮滸 (ともに女真語で金の意) ,またそれを漢訳した金源の名で呼ばれ,第2代太宗のとき会寧府となり,第3代煕宗のとき上京と号した (38) 。第4代海陵王は貞元1 (53) 年燕京に遷都して上京の号を削除,大定 13 (73) 年第5代世宗のとき上京の号を復活し,金国の発祥地として尊奉された。元代に廃虚化し,現在の黒竜江省哈爾浜 (ハルビン) 市南東約 30km,阿城県南に土壁のみの故城が存在。俗称を白城または敗城という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会寧府
かいねいふ

中国、金(きん)朝の首都。その遺跡は黒竜江省ハルビンの南東30キロメートルの阿城県にある。1115年金朝の太祖阿骨打(アクダ)がここに都を置いて以来、第4代の海陵王が燕京(えんけい)(北京(ペキン))に遷都するまで約40年間首都であった。国初には按出虎(アルチュフ)とよばれたが、第2代太宗の時代に会寧府と改められ、1138年第3代煕宗(きそう)の時代に上京会寧府と称された。[若松 寛]
『村田治郎著『満州の史蹟』(1944・座右宝刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android