コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会通 えつう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会通
えつう

仏教用語。教説のなかの種々相違する異説について,表面的矛盾を除去し,深くその主旨を明らかにして,共通な趣意を見出すこと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいつう【会通】

物が集まることと変化すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

会通の関連キーワードホームレス生活の人の住民登録婦人参政権獲得期成同盟会出向と労働者供給事業インターバル休息制度エフィ・ブリースト相場が決まっている落書き(約款用語)労働契約法16条奈良調書漏出事件ポール ホーガン明の時代(年表)会典・会典事例チベット仏教企業行動基準内定取り消し相当因果関係移動支援事業ジェンダーツォンカパANSER

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会通の関連情報