コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肇論 じょうろん Zhao-lun

2件 の用語解説(肇論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肇論
じょうろん
Zhao-lun

中国,東晋の僧,僧肇の論文集。4種の論文を集めたもので,現存するものは『物不遷論』『不真空論』『般若無知論』『涅槃無名論』を載せ,仏教思想の重要な問題点を当時の中国思想界の重要問題と関連させながら論述している点が特徴で,中国仏教発展史のうえでその意義は非常に大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肇論
じょうろん

中国、後秦(こうしん)代の仏教書。著者は僧肇(そうじょう)。1巻。『物不遷論(もつふせんろん)』『不真空論』『般若無知(はんにゃむち)論』『涅槃(ねはん)無名論』という4編の論文に、『宗本義(しゅうほんぎ)』の一編を冠して編されたものだが、『宗本義』の真撰(しんせん)については疑問がもたれ、編纂(へんさん)は梁(りょう)代から隋(ずい)代のころと推定される。著者は、鳩摩羅什(くまらじゅう)に師事して大乗仏教、とくに般若空観(くうがん)の理解に優れた。本書は、その基本的命題である諸法の実相・空・般若・涅槃についての見解を、当時の一般的理解や老子・荘子などの思想と比較しつつ明らかにしたもので、以後の中国仏教や思想界に多大の影響を及ぼし、多くの注釈書も書かれた。[伊藤隆寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肇論の関連キーワード沙門不敬王者論剽窃小論本論論集論文試験パブメド(PubMed)STAP細胞の論文《チャールズ・サンダーズ・パース論文集》Term Paper

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone