コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝票式簿記 でんぴょうしきぼき

1件 の用語解説(伝票式簿記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんぴょうしきぼき【伝票式簿記】

伝票が日本に導入されたのは,明治初期に官庁と国立銀行の簿記制度で取引の記録用具と定められてからである。以後実業界に普及したのは貸借仕訳法の伝票ではなく,イギリス人銀行家シャンドAllan Shand独創の現金仕訳法の伝票である。〈伝票〉とは薄手の狭い細片の紙型を意味し装釘式帳簿の紙型と峻別されるが,簿記上の伝票か帳簿かの区別は紙型ではなく,記録内容が取引か簿記の計算過程かの相違による。日本固有の〈伝票式簿記〉の典型には,(1)第2次大戦前に商法,税法,会計人等の帳簿に関する見解が,まだ装釘された紙葉にペン書きするものという形式主義が支配的であった当時,すでに銀行等で手書きの現金仕訳法の伝票に日計表を添付して仕訳帳の代用としたものと,(2)戦後の1949年に日本経営学会で発表されて以来急速に普及した能率簿記とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の伝票式簿記の言及

【簿記】より

…そしてアメリカでは表式簿記,仕訳元帳制がくふうされ,これらは行列簿記に発展し,コンピューターの発達によりその実行可能性が高められた。 そのため近年においては,伝統的な帳簿組織の技術面,形式面は著しい変貌を遂げ,伝票式簿記では取引が証憑書類に裏づけられつつ,コード化された勘定体系を基礎として会計伝票(帳票体系)にまず記入されながら,さらにそれらが日計表や元帳さらには会計報告書体系に受け継がれていくシステムになっており,会計情報処理の一層の機械化,効率化の過程がみられるのである。 なお,勘定体系標準化の例は,E.シュマーレンバハコンテンラーメンや,フランスの標準会計制度(プラン・コンタブルplan Comptable)等にみられる。…

※「伝票式簿記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone