似鯉(読み)にごい

精選版 日本国語大辞典「似鯉」の解説

に‐ごい ‥ごひ【似鯉】

〘名〙 コイ目コイ科淡水魚。全長約四〇センチメートルになる。コイに似ているが、体形は、コイより細長く、背びれの基底は著しく短い。また口ひげはコイでは四本だがニゴイでは二本。体色は暗灰色で、幼魚の体側には褐色の小斑点が散在する。中部地方以北の本州と、錦川以西の山口県・九州に不連続に分布。湖沼や大きな河川の砂底の底層にすむ。さい。みごい。まじか。〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「似鯉」の解説

に‐ごい〔‐ごひ〕【似×鯉】

コイ科の淡水魚。湖沼や中・下流の川底にすむ。全長約50センチ。体は細長くわずかに側扁し、口ひげは一対。背側は暗褐色で腹側は白い。食用。さい。
[類語]真鯉緋鯉錦鯉ドイツ鯉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「似鯉」の解説

似鯉 (ニゴイ)

学名Hemibarbus barbus
動物。コイ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android