錦鯉(読み)ニシキゴイ

  • その他(工芸以外)
  • にしきごい ‥ごひ
  • にしきごい〔ごひ〕
  • 錦×鯉
  • 錦鯉 (ニシキゴイ)

デジタル大辞泉の解説

コイの色変わり種をもとに日本で改良された品種。色彩・斑紋はきわめて多様。色鯉。花鯉。変わり鯉。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

北陸甲信越地方、新潟県の地域ブランド。
主に小千谷市で生産されている。錦鯉が初めて出現したのは、江戸時代中頃という。現在の新潟県中央部で食用として飼われていた真鯉に、突然変異で色のついた変種を発見し、観賞魚として養殖され始めたという。大正時代から昭和の初期にかけて、現在の主要3種が作出されて全国へと広がった。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 コイ目コイ科の一種コイの品種。マゴイの突然変異したものを飼育改良したもので、文化文政年間(一八〇四‐三〇)に新潟県下で作られた。美しい色彩や斑紋を有し、交配により種々の色調を持つ。色鯉、花鯉などとも呼ばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦鯉の関連情報