コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガヤ Gaya

翻訳|Gaya

デジタル大辞泉の解説

ガヤ(Gaya)

インド北東部、ビハール州の古都。英国統治時代に建設された新市街とそれ以前の旧市街からなる。旧市街にはビシュヌ神の足跡を意味するビシュヌパド寺院があり、ヒンズー教の重要な巡礼地となっている。南方に仏教の聖地ブッダガヤがある。ガヤー
[補説]「伽耶」とも書く。
ニジェール南部、ドッソ州の都市。ニジェール川を挟んで、ベナンのマランビルと隣接する。ウラン・綿花・ラッカセイなどの輸出品が同地を通ってベナン南部の港湾都市コトヌーに運ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ガヤの関連キーワード兵庫県三木市志染町大谷加羅・伽羅・迦羅鉄の王キム・スロ任那(みまな)ボードガヤー江田船山古墳西天二十八祖真興王拓境碑卵(たまご)ニジェール川高霊古墳群阿賢移那斯佐魯那奇他オッペルトビハール州三木(市)朝鮮民族高霊加羅継体天皇朝鮮舞踊

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガヤの関連情報