コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

か【伽】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カ(漢) ガ(呉) キャ(慣) [訓]とぎ
〈カ・ガ〉梵語のカ・ガの音に当てた字。「伽藍(がらん)閼伽(あか)頻伽(びんが)瑜伽(ゆが)
〈とぎ〉話し相手になること。「お伽話夜伽(よとぎ)
[難読]伽羅(きゃら)

が【伽】[漢字項目]

きゃ【伽】[漢字項目]

とぎ【×伽】

退屈をなぐさめるために話し相手をすること。また、その人。「老人のをする」
病人の世話をすること。看病。
通夜。
「明(あく)る日一晩お―をして」〈木下尚江良人の自白
御伽衆(おとぎしゅう)」に同じ。
寝所での相手をすること。また、その人。
「旅人衆の―でもして」〈滑・膝栗毛・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぎ【伽】

話の相手になって機嫌をとったり、退屈を慰めたりすること。また、その人。おとぎ。 「必ず弟儲けて給へ、-にせさせん/盛衰記 43
寝室の相手をすること。また、その人。 「今では宿屋〱のお客の-/浄瑠璃・生写朝顔話」
病人の看護。 「妹のお才を-に遣つて置いたが/歌舞伎・幼稚子敵討」
御伽衆 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伽の関連キーワードたどろたどろ伽【や】山目無しどち伽【や】琴伽羅求羅虫生写朝顔話然もあれ東西眩るカヤサン頻伽の声僧伽梨衣六種供具カヤグム御伽衆浄瑠璃世間知巻き絹上盛り一間所康僧鎧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伽の関連情報