(読み)カ

  • ×伽
  • きゃ
  • とぎ
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

人名用漢字] [音]カ(漢) ガ(呉) キャ(慣) [訓]とぎ
〈カ・ガ〉梵語のカ・ガの音に当てた字。「伽藍(がらん)閼伽(あか)頻伽(びんが)瑜伽(ゆが)
〈とぎ〉話し相手になること。「お伽話夜伽(よとぎ)
[難読]伽羅(きゃら)
退屈をなぐさめるために話し相手をすること。また、その人。「老人のをする」
病人の世話をすること。看病。
通夜。
「明(あく)る日一晩お―をして」〈木下尚江良人の自白
御伽衆(おとぎしゅう)」に同じ。
寝所での相手をすること。また、その人。
「旅人衆の―でもして」〈滑・膝栗毛・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 話し相手をしてつれづれを慰めること。退屈を慰めること。また、その人。
※九冊本宝物集(1179頃)六「大王のかくておこなひ給ふ事、希代の事也。我、御とぎつかまつるべし」
② 寝所に侍ること。添臥しすること。寝室での相手をすること。また、その人。
※毛利家文書‐(年月日未詳)(室町)毛利隆元覚書「伽にね候時、莚敷ましき事」
③ 看病すること。介抱すること。看護すること。また、その人。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)二「此中旦那殿がきつふ起った折に、常住の事じゃによって、妹のお才を伽に遣って置いたが」
※徳川実紀‐寛永五年(1628)九月一二日「御勘気蒙りし山口備前守重政は〈略〉御ゆるしありて、修理亮と改め、もとのごとく御伽に加へらる」
⑤ 通夜。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「明る日一晩お伽(トギ)をして、其の翌朝、未だ日の出ぬ間(うち)に葬式は営まれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伽の関連情報