(読み)カ

デジタル大辞泉の解説

か【伽】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カ(漢) ガ(呉) キャ(慣) [訓]とぎ
〈カ・ガ〉梵語のカ・ガの音に当てた字。「伽藍(がらん)閼伽(あか)頻伽(びんが)瑜伽(ゆが)
〈とぎ〉話し相手になること。「お伽話夜伽(よとぎ)
[難読]伽羅(きゃら)

が【伽】[漢字項目]

きゃ【伽】[漢字項目]

とぎ【×伽】

退屈をなぐさめるために話し相手をすること。また、その人。「老人のをする」
病人の世話をすること。看病。
通夜。
「明(あく)る日一晩お―をして」〈木下尚江良人の自白
御伽衆(おとぎしゅう)」に同じ。
寝所での相手をすること。また、その人。
「旅人衆の―でもして」〈滑・膝栗毛・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぎ【伽】

話の相手になって機嫌をとったり、退屈を慰めたりすること。また、その人。おとぎ。 「必ず弟儲けて給へ、-にせさせん/盛衰記 43
寝室の相手をすること。また、その人。 「今では宿屋〱のお客の-/浄瑠璃・生写朝顔話」
病人の看護。 「妹のお才を-に遣つて置いたが/歌舞伎・幼稚子敵討」
御伽衆」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とぎ【伽】

〘名〙
① 話し相手をしてつれづれを慰めること。退屈を慰めること。また、その人。
※九冊本宝物集(1179頃)六「大王のかくておこなひ給ふ事、希代の事也。我、御とぎつかまつるべし」
② 寝所に侍ること。添臥しすること。寝室での相手をすること。また、その人。
※毛利家文書‐(年月日未詳)(室町)毛利隆元覚書「伽にね候時、莚敷ましき事」
③ 看病すること。介抱すること。看護すること。また、その人。
歌舞伎・幼稚子敵討(1753)二「此中旦那殿がきつふ起った折に、常住の事じゃによって、妹のお才を伽に遣って置いたが」
※徳川実紀‐寛永五年(1628)九月一二日「御勘気蒙りし山口備前守重政は〈略〉御ゆるしありて、修理亮と改め、もとのごとく御伽に加へらる」
⑤ 通夜。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「明る日一晩お伽(トギ)をして、其の翌朝、未だ日の出ぬ間(うち)に葬式は営まれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伽の関連情報