コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カ

5件 の用語解説(伽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か【伽】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カ(漢) ガ(呉) キャ(慣) [訓]とぎ
〈カ・ガ〉梵語のカ・ガの音に当てた字。「伽藍(がらん)閼伽(あか)頻伽(びんが)瑜伽(ゆが)
〈とぎ〉話し相手になること。「お伽話夜伽(よとぎ)
[難読]伽羅(きゃら)

が【伽】[漢字項目]

きゃ【伽】[漢字項目]

とぎ【×伽】

退屈をなぐさめるために話し相手をすること。また、その人。「老人のをする」
病人の世話をすること。看病。
通夜。
「明(あく)る日一晩お―をして」〈木下尚江良人の自白
御伽衆(おとぎしゅう)」に同じ。
寝所での相手をすること。また、その人。
「旅人衆の―でもして」〈滑・膝栗毛・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とぎ【伽】

話の相手になって機嫌をとったり、退屈を慰めたりすること。また、その人。おとぎ。 「必ず弟儲けて給へ、-にせさせん/盛衰記 43
寝室の相手をすること。また、その人。 「今では宿屋〱のお客の-/浄瑠璃・生写朝顔話」
病人の看護。 「妹のお才を-に遣つて置いたが/歌舞伎・幼稚子敵討」
御伽衆 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伽の関連キーワード御伽口慰み鎮魂歌慰め慰め所慰もる話し相手慰め種話伽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伽の関連情報