低姿勢(読み)テイシセイ

デジタル大辞泉の解説

てい‐しせい【低姿勢】

[名・形動]
相手に向かって姿勢を低く構えること。
相手に対してへりくだった態度をとること。また、そのさま。「低姿勢な態度で応対する」「低姿勢に出る」⇔高姿勢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていしせい【低姿勢】

自分の方が相手より低い、弱い立場にあるとする態度。へりくだった態度。 ⇔ 高姿勢 「 -に出る」 「 -で臨む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐しせい【低姿勢】

〘名〙
相手や対象物に対して低くかまえること。また、その姿勢。
歩兵操典(1928)第五二八「砲は低姿勢とし提棍甲を右方に」
② (形動) 相手に対して、やわらかく下手(したて)に出ること。また、そのさま。
※東京魔女街(1960)〈島田一男〉七「私は、低姿勢に出て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低姿勢の関連情報