コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住用 すみよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住用
すみよう

鹿児島県南部,奄美市南東部の旧村域。奄美大島中部東岸にある。1908年村制。2006年名瀬市,笠利町と合体して奄美市となった。総面積のほとんどを山林原野が占め,パルプ材,用材の林業のほか,ポンカン,ビワなどの果樹栽培が中心。漁業は入江でのトコブシや貝類採取,沿岸でのタイ,サワラカツオ漁などで,好漁場に恵まれる。住用川河口には日本最大規模のマングローブの群落があり,奄美群島国立公園内の特別保護地区に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住用
すみよう

鹿児島県南方洋上、大島郡にあった旧村名(住用村(そん))。現在は奄美(あまみ)市の南部を占める。2006年(平成18)笠利(かさり)町、名瀬(なぜ)市と合併し奄美市となった。旧村名は住みよい地であることを願ってつけられた。旧村域は奄美大島南東部を占め、国道58号が北東から南西に村を横断する。急峻(きゅうしゅん)な山地が多く、山林、原野が村の総面積の80%近くを占め、古くから林業が盛んでパルプ材の生産が多い。農業ではポンカン、タンカン、バナナ、スモモなどの果樹栽培が中心である。住用川、役勝(やくがち)川河口の湿地帯にはマングローブ(オヒルギ、メヒルギ)の群落がみられ、奄美群島国定公園特別保護区に指定されている。[田島康弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

住用の関連キーワード居住用財産の3000万円特別控除Copan building鹿児島県奄美市住用町石原夫婦間の住宅資金贈与と税一集落1ブランド事業マイホームの譲渡と税リバース・モーゲージ自主解散決議案の否決事業用定期借地権ベルベデーレ宮殿モービルハウスレジデンシャル原野農芸博物館鹿児島県奄美市リノベーション定期借家契約財産分与と税アールエイジ田屋(他屋)住用[村]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住用の関連情報