コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住用 すみよう

2件 の用語解説(住用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住用
すみよう

鹿児島県南部,奄美市南西部の旧村域。奄美大島中部東岸にある。 1908年村制。 2006年名瀬市,笠利町と合体して奄美市となった。総面積のほとんどを山林原野が占め,パルプ材,用材の林業のほかポンカン,ビワなどの果樹栽培が中心。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住用
すみよう

鹿児島県南方洋上、大島郡にあった旧村名(住用村(そん))。現在は奄美(あまみ)市の南部を占める。2006年(平成18)笠利(かさり)町、名瀬(なぜ)市と合併し奄美市となった。旧村名は住みよい地であることを願ってつけられた。旧村域は奄美大島南東部を占め、国道58号が北東から南西に村を横断する。急峻(きゅうしゅん)な山地が多く、山林、原野が村の総面積の80%近くを占め、古くから林業が盛んでパルプ材の生産が多い。農業ではポンカン、タンカン、バナナ、スモモなどの果樹栽培が中心である。住用川、役勝(やくがち)川河口の湿地帯にはマングローブ(オヒルギ、メヒルギ)の群落がみられ、奄美群島国定公園特別保護区に指定されている。[田島康弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住用の関連キーワード鹿児島県奄美市笠利町須野鹿児島県奄美市笠利町節田鹿児島県奄美市笠利町平鹿児島県奄美市住用町石原鹿児島県奄美市住用町山間鹿児島県奄美市名瀬有屋鹿児島県奄美市名瀬小宿鹿児島県奄美市名瀬小湊鹿児島県奄美市名瀬長浜町鹿児島県奄美市名瀬港町

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住用の関連情報