佐土原人形(読み)さどはらにんぎょう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

佐土原人形[人形・玩具]
さどわらにんぎょう

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
宮崎市佐土原町で製作されている。約400年程前につくり始められたといい、京都の伏見人形の影響を強く受けたもの。差し手・差し首を別々につくって、それを組み合わせる独特の手法でつくられる。原色を多く使った泥絵具色付けも特徴。代表的な作品にまんじゅう喰い・節句人形・歌舞伎人形などがある。宮崎県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さどはら‐にんぎょう ‥ニンギャウ【佐土原人形】

〘名〙 郷土人形の一つ。宮崎県佐土原地方で多くつくられる土人形で、素朴簡素な形をし、簡単な彩色がほどこされているもの。安土桃山時代、文祿・慶長の役の際に、日本に連れてこられた朝鮮人によってはじめられたものという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の佐土原人形の言及

【佐土原[町]】より

…重要文化財の騎獅文珠菩薩像を有する大光寺や巨田(こた)神社,日講庵跡,フェニックス自然動物園がある。名産に朝鮮から伝わったという佐土原人形がある。【萩原 毅】。…

※「佐土原人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐土原人形の関連情報