コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡海峡 サドカイキョウ

2件 の用語解説(佐渡海峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さど‐かいきょう〔‐カイケフ〕【佐渡海峡】

新潟県の本土と佐渡島間の海峡。深度200メートル前後の大陸棚で、最短距離は新潟市の角田(かくた)岬から佐渡市の鴻ノ瀬鼻(こうのせばな)までの31.5キロメートル。沖合は沿岸漁業の好漁場。好天時には対岸が望める。旧称、越佐(えっさ)海峡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐渡海峡
さどかいきょう

新潟県の日本海上に浮かぶ佐渡島と越後(えちご)(新潟県本土)との間の海峡で、越佐(えっさ)海峡ともよばれていた。海深200メートル前後の陸棚で、最短距離は越後側の寺泊(てらどまり)から小佐渡の赤泊(あかどまり)までの35キロメートルで、晴れた日は対岸の町の明かりも望める。かつての松前航路はこの海峡を通り、小木(おぎ)、赤泊、水津(すいづ)などの古い寄航港も多い。沖合いは沿岸漁業の好漁場で、沿岸の入会(いりあい)漁場になっている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone