コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡海峡 サドカイキョウ

2件 の用語解説(佐渡海峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さど‐かいきょう〔‐カイケフ〕【佐渡海峡】

新潟県の本土と佐渡島間の海峡。深度200メートル前後の大陸棚で、最短距離は新潟市の角田(かくた)岬から佐渡市の鴻ノ瀬鼻(こうのせばな)までの31.5キロメートル。沖合は沿岸漁業の好漁場。好天時には対岸が望める。旧称、越佐(えっさ)海峡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐渡海峡
さどかいきょう

新潟県の日本海上に浮かぶ佐渡島と越後(えちご)(新潟県本土)との間の海峡で、越佐(えっさ)海峡ともよばれていた。海深200メートル前後の陸棚で、最短距離は越後側の寺泊(てらどまり)から小佐渡の赤泊(あかどまり)までの35キロメートルで、晴れた日は対岸の町の明かりも望める。かつての松前航路はこの海峡を通り、小木(おぎ)、赤泊、水津(すいづ)などの古い寄航港も多い。沖合いは沿岸漁業の好漁場で、沿岸の入会(いりあい)漁場になっている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐渡海峡の関連キーワード佐渡弥彦米山国定公園外海府海岸ドンデン山両津佐渡佐渡おけさ台湾海峡両津甚句佐渡島長蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone