コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤泊 あかどまり

2件 の用語解説(赤泊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤泊
あかどまり

新潟県西部,佐渡市南東部の旧村域。佐渡島南東部,小佐渡丘陵の南側にある。1889年村制施行。1901年真浦村,徳和村,三川村,および川茂村の一部と合体。2004年両津市など 1市 7町 1村と合体して佐渡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤泊
あかどまり

新潟県佐渡(さど)郡にあった旧村名(赤泊村(むら))。現在は佐渡市の東南部を占める一地区。1894年(明治27)、佐渡島(さどがしま)のこの地域一帯の13村が真浦、赤泊、徳和、三川、川茂村に編成され、さらに1901年、この5村が合併して赤泊村となった。2004年(平成16)、両津(りょうつ)市および佐渡郡の相川(あいかわ)町、佐和田(さわた)町、金井(かない)町、新穂(にいぼ)村、真野(まの)町、畑野(はたの)町、小木(おぎ)町、羽茂(はもち)町と合併して佐渡市となる。旧赤泊村は小佐渡山地の南部、前浜(まえはま)海岸にある港町。赤泊港には佐渡汽船で対岸寺泊(てらどまり)港から1時間あまりで達する。流人の島佐渡の古い玄関口で、日蓮(にちれん)をはじめ有名な流人の遺跡が多い。豊かな海と山の自然美に恵まれて、1973年(昭和48)この地域は赤泊自然休養村に指定された。付近は前浜海岸の名物竹細工の主産地で、おけさ柿(がき)が名物。観光に力を注ぎ、夏は海水浴場としてにぎわう。[山崎久雄]
『『赤泊村史』上下(1982、1989・赤泊村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤泊の関連情報