コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侍天教 じてんきょうSich'ǒndogyo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

侍天教
じてんきょう
Sich'ǒndogyo

近代朝鮮民間信仰儒教,道教,シャーマニズムの混交した宗教。哲宗7 (1856) 年救世済民を志して,天霊に触れ,天道を授けられた崔済愚 (さいせいぐ) によって創唱された。天命を敬い,天地に従い,天道を明らかにして,天徳を修め,天主に仕え,誠,敬,三義を守るべきことを説く。2世教主崔時亨のとき,政治運動に転化して東学党となり,1894年革新と攘夷を唱えて蜂起したが敗れて壊滅し,李容九の侍天教,孫秉煕 (そんへいき) の天道教に分裂した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じてん‐きょう〔‐ケウ〕【侍天教】

朝鮮の民間信仰。天道教(東学)の分派で、1856年に崔済愚が創始。一時衰退したが、1906年に李容九が再興。儒教・道教・シャーマニズムの習合したもので、天命を敬い、天道を明らかにし、天主に仕えることを教義とし、誠・敬・信の三義を道の体とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じてんきょう【侍天教】

朝鮮の民間宗教である東学の一分派。1906年李容九がソウルで創立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の侍天教の言及

【李容九】より

…以後は一貫して日韓合邦論を提唱,《韓日合邦建議書》を国王や要路の人物に提出することもした。05年孫秉熙(へいき)が天道教を創始するとこれに対抗,侍天教を興して東学正統を主張した。【馬渕 貞利】。…

※「侍天教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

侍天教の関連キーワード民間宗教ソウル

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android