俊士(読み)しゅんし

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅん‐し【俊士】

〘名〙
① すぐれた才知の人。俊才。
※古活字本毛詩抄(17C前)一四「いをりに居て俊士のするやうに学問をする程に」 〔荀子‐大略〕
② 平安時代、弘仁一一~天長四年(八二〇‐八二七)の八か年間、文章生(もんじょうせい)の中で、成績のすぐれた者に式部省が試験によって与えた資格。特に優秀な者二人を秀才生、その下位の者五人を俊士とした。
※三代実録‐貞観一二年(870)二月一九日「天長之初奉試及第、被俊士
③ 中国の周代、三年に一回、司徒(しと)が庶人の子弟の中から選抜して上級の学校に入学させた者。〔礼記‐王制〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android