コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平忠正 たいらのただまさ

7件 の用語解説(平忠正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平忠正
たいらのただまさ

[生]?
[没]保元1(1156).7.28.
平安時代末期の武将。正盛の子。清盛の叔父にあたる。右馬助,従五位上。保元の乱に,崇徳院北面であった子長盛とともに,崇徳上皇の召しに応じ,白河殿に参殿したが,敗れて捕えられ,清盛によって六波羅のあたりで斬られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいら‐の‐ただまさ〔たひら‐〕【平忠正】

[?~1156]平安後期の武将。正盛の子。清盛の叔父。保元の乱崇徳上皇方について敗れ、子らとともに処刑された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

平忠正【たいらのただまさ】

平安末期の武将。忠貞・忠員とも。平正盛の子(弟とも)。崇徳(すとく)天皇に仕え,藤原頼長に臣従。保元(ほうげん)の乱で崇徳・頼長方についたが敗走,京の六条河原で甥平清盛に処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平忠正 たいらの-ただまさ

?-1156 平安時代後期の武士。
平正盛の子。顕仁親王(崇徳(すとく)天皇),藤原頼長,高陽院(かやのいん)につかえた。保元(ほうげん)の乱の際崇徳上皇・頼長方に参加して甥(おい)の平清盛らとたたかって敗れ,保元元年7月28日3人の子とともに清盛にきられた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平忠正

没年:保元1.7.28(1156.8.15)
生年:生年不詳
平安後期の武士。忠政とも書く。正盛の子。忠盛の弟。清盛の叔父。顕仁親王(崇徳天皇)の家司。藤原頼長に仕え,高陽院殿上人となった。保元1(1156)年,保元の乱で崇徳上皇・頼長方として源為義らと共に源義朝・平清盛らと戦ったが,敗れて捕らえられた。7月28日,その子長盛,忠綱,政綱らと共に甥清盛により,六波羅で斬罪に処された。『保元物語』によれば,忠正ははじめ伊勢に逃れたが,死罪はないという信西の謀略によって流された話を信じ,出家して清盛のもとに出頭し捕らえられたという。伊勢・山城にあった忠正の所領は,没官されて後白河上皇の後院領に編入された。澤野泉平 忠盛たいらのただもり永長1(1096)~仁平3.1.15(1153.2.10)平安後期の武士。武家平家の基礎を築く。父正盛は白河院の近習。忠盛も院北面となり,検非違使に任じられる。伯耆守を振り出しに諸国の受領を歴任,その富をもって上皇に奉仕。鳥羽院の時代にも院近臣として活動,長永1(1132)年には得長寿院を造った功により内の昇殿を許された。この昇殿は未曾有と評され,貴族の反感を買った。翌年,肥前国の神崎荘を知行して日宋貿易に関与して訴えられ,保延1(1135)年には西海の海賊の頭を捕える功をあげるが,無関係な人間を海賊に仕立てたとの噂が立った。藤原頼長は忠盛を,巨万の富を蓄え,多くの家人を持ったが,慎み深い人と述べている。位は正四位上,公卿目前で死去。和歌『忠盛集』がある。

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのただまさ【平忠正】

?‐1156(保元1)
平安末期の武将。のち忠貞(忠員)と改名。平正盛の子(一説では弟)。伊勢国鈴鹿(すずか)・川曲(かわわ)両郡に所領を有し,白河院政下,誕生まもない崇徳天皇に仕え,左(右)馬助,従五位下となる。摂政藤原忠通の弟頼長に臣従,保元の乱に上皇方(崇徳院・藤原頼長)の大将軍として白河殿の防御にあたったが敗走。7月28日子息3人とともに六波羅辺で甥平清盛に斬られた。【飯田 悠紀子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平忠正
たいらのただまさ
(?―1156)

平安末期の武将。平正盛(まさもり)の子で、忠盛(ただもり)の弟。右馬助(うまのすけ)と称す。兄忠盛が平家一門の棟梁(とうりょう)として白河(しらかわ)・鳥羽(とば)両上皇に接近して中央政界に進出したのに対し、忠正は崇徳(すとく)上皇や藤原頼長(よりなが)との関係が深かった。このため、保元(ほうげん)の乱が勃発(ぼっぱつ)すると、崇徳上皇の召しによって武士団を率いて参加し、後白河(ごしらかわ)天皇方についた甥(おい)の平清盛ら平氏一族と戦って敗れ、1156年(保元1)7月、六条河原において、清盛の手により、長盛(ながもり)、忠綱(ただつな)、正綱(まさつな)らの子息とともに斬罪(ざんざい)に処せられた。[田中文英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

平忠正の関連キーワード保元清原頼業平忠正鳥羽天皇藤原頼長ウェスチングハウス(WH)乙女峠久寿鳥羽天皇保元

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平忠正の関連情報