コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保建大記 ほうけんたいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保建大記
ほうけんたいき

栗山潜鋒著。2巻。元禄1 (1688) 年成立。享保1 (1716) 年刊。八条宮尚仁親王に献上したもの。ほぼ保元年間 (1156~59) から建久年間 (90~99) にいたる 38年間を述べて論評したもの。武家政治の起源や皇室衰微の原因などを究めようとし,道義の確立,王政復古への念願が述べてある。『日本学叢書』『大日本文庫』などに所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけんたいき【保建大記】

江戸前期の儒者栗山潜鋒の著。2巻。1688年(元禄1)18歳のとき,後西天皇の皇子尚仁親王のために著したものであるが,水戸藩出仕後,広く一般の読者を対象として推敲を重ね完成。保元の乱(1156)から源頼朝の征夷大将軍就任(1192)までの政治の変遷を論じた史書。君臣の名分・道義を主題とし,為政者の道徳を政治の要諦とみて史論を展開,格調高い名文で長く読者に感銘を与えた。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保建大記の関連キーワード井原西鶴元禄桑原仙渓野呂松遣いJames表具屋節フリードリヒウィルヘルムメアリー[2世]高橋安之丞友禅

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone