コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保建大記 ほうけんたいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保建大記
ほうけんたいき

栗山潜鋒著。2巻。元禄1 (1688) 年成立。享保1 (1716) 年刊。八条宮尚仁親王に献上したもの。ほぼ保元年間 (1156~59) から建久年間 (90~99) にいたる 38年間を述べて論評したもの。武家政治の起源や皇室衰微の原因などを究めようとし,道義の確立,王政復古への念願が述べてある。『日本学叢書』『大日本文庫』などに所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけんたいき【保建大記】

江戸前期の儒者栗山潜鋒の著。2巻。1688年(元禄1)18歳のとき,後西天皇の皇子尚仁親王のために著したものであるが,水戸藩出仕後,広く一般の読者を対象として推敲を重ね完成。保元の乱(1156)から源頼朝の征夷大将軍就任(1192)までの政治の変遷を論じた史書。君臣の名分・道義を主題とし,為政者の道徳を政治の要諦とみて史論を展開,格調高い名文で長く読者に感銘を与えた。【鈴木 暎一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

保建大記の関連キーワード三宅観瀾谷秦山谷重遠

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android