コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保建大記 ほうけんたいき

2件 の用語解説(保建大記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保建大記
ほうけんたいき

栗山潜鋒著。2巻。元禄1 (1688) 年成立。享保1 (1716) 年刊。八条宮尚仁親王に献上したもの。ほぼ保元年間 (1156~59) から建久年間 (90~99) にいたる 38年間を述べて論評したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけんたいき【保建大記】

江戸前期の儒者栗山潜鋒の著。2巻。1688年(元禄1)18歳のとき,後西天皇の皇子尚仁親王のために著したものであるが,水戸藩出仕後,広く一般の読者を対象として推敲を重ね完成。保元の乱(1156)から源頼朝の征夷大将軍就任(1192)までの政治の変遷を論じた史書。君臣の名分・道義を主題とし,為政者の道徳を政治の要諦とみて史論を展開,格調高い名文で長く読者に感銘を与えた。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

保建大記の関連キーワード三宅観瀾春斎春信三浦玄亀三宅擔庵栗山潜鋒和句解飯室小櫃後藤厚甫柴野貞穀

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone