コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武家政治 ぶけせいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武家政治
ぶけせいじ

日本歴史上,武士階級が独自の権力と組織をもって行なった政治的支配のこと。平安時代末期の平氏政権は武家の政権ではあったが,独自の武士階級としての権力と組織をもたず,まもなく瓦解したのでこれを省き,鎌倉幕府の成立をもってその開始期とし,鎌倉幕府室町幕府,織豊政権,江戸幕府の4つの時期を経て明治維新にいたって終結とする。この 700年のうち,織豊期を除けば,征夷大将軍が幕府を組織した。武家政権は公家政権と対抗して武家法を樹立し,武家の棟梁のもとに主従制を展開し,全国支配権を拡張した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶけせいじ【武家政治】

日本史上にあらわれた政治形態の一つで,武士階級がその軍事力を基礎に,独自の権力と組織をもって政治的支配を行ったもの。全国的統治の場合も,また部分的統治のみの場合もあるが,一政権として支配体制を維持したときはこれを武家政権と解し,そこに展開された政治を武家政治という。一般に12世紀末の鎌倉幕府の創立から,1867年(慶応3)の江戸幕府の終末までの約700年間を武家政治の時代とする。なお鎌倉幕府に先行する平氏政権は武家出身者たる平清盛による政権であり,これをも武家政治とする見解もあるが,権力の源泉や政治組織あるいは経済的基盤などにおいて貴族(公家)の政権と類似するとの理由で,これを武家政治の範疇に含めない立場が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶけせいじ【武家政治】

武家が政権の中心となった政治。鎌倉・室町から安土桃山時代を経て、江戸時代に至る約700年間に及ぶ政治をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武家政治
ぶけせいじ

日本史上の政治形態の一つ。武士がその軍事力を基礎に独自の権力と組織をもって行った政治で、12世紀末の鎌倉幕府の創立から1867年(慶応3)の江戸幕府の終末までの約700年間がこれにあたる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の武家政治の言及

【幕府】より

…それゆえ徳川氏は,室町幕府の例にならって殿中の儀礼を定め,足利将軍に近侍していた吉良氏,伊勢氏らを用いて儀式典礼をつかさどらせた。源頼朝から徳川氏まで,鎌倉幕府から江戸幕府までを一貫して幕府政治,武家政治としてとらえる考え方もこの時代に生まれてきた。1867年(慶応3)王政復古の大号令によって幕府は廃された。…

※「武家政治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武家政治の関連キーワード王政復古[日本]終わりを告げる神奈川県鎌倉市安土桃山時代イスラム帝国鎌倉[市]新見 吉治西アジア史日本文学日本音楽江戸時代女子教育日本料理北条時頼王政復古読史余論封建時代武家事紀大政奉還北条泰時

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武家政治の関連情報