コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修円 しゅえん

2件 の用語解説(修円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

修円 しゅえん

771-834/835 奈良-平安時代前期の僧。
宝亀(ほうき)2年生まれ。法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)興福寺の賢璟(けんきょう)にまなび,師とともに室生(むろう)寺を創建。興福寺別当となり,寺内に伝法院をひらく。最澄から灌頂(かんじょう)をうけ,空海とも親交をむすんだ。承和(じょうわ)元年6月13日/2年6月15日死去。64/65歳。大和出身。俗姓は小谷。通称は檉生(むろう)禅師。著作に「因明纂要記鈔」「法相灯明記」など。

修円 しゅうえん

しゅえん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の修円の言及

【室生寺】より

…近くに奇岩屛立する竜穴神社があり,祈雨・止雨の神として平安期以降広く信仰されたが,やがてその神宮寺として成立したともいう。賢憬の高弟修円(771‐835)の時代に至って伽藍の基礎が築かれ,修円が創建した興福寺伝法院門徒の高僧などによって漸次伽藍が整備されたらしい。修円は空海の《風信帖》や805年(延暦24)8月の内侍宣にみえる檉生(むろう)禅師その人で,817年(弘仁8)6月に修円をして室生で祈雨せしめてから,竜穴神に祈雨・止雨を祈る祈修が盛行し,単に大和国にとどまらず,天下の聖地として信仰された。…

※「修円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

修円の関連キーワード平安時代王朝時代真体安願淡海常那紀興道寿遠真境長岑氏主聞寂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

修円の関連情報