コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実忠 じっちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実忠 じっちゅう

726-? 奈良-平安時代前期の僧。
神亀(じんき)3年生まれ。華厳(けごん)宗。東大寺良弁(ろうべん)に師事し,西大寺西隆寺造営にたずさわる。師の没後,東大寺の造営,財政を担当し,修理別当となる。難波(なにわ)の海中から十一面観音像をえて,十一面悔過会(けかえ)(修二会(しゅにえ),お水取り)をはじめたとつたえられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

実忠

生年:生没年不詳
奈良・平安時代初期の僧。神亀3(726)年に生まれたといわれる。出自も未詳。天平年間(729~749)後半ころから東大寺の良弁の側近にあって東大寺の造営などに活躍,また同寺二月堂の十一面悔過にも長く奉仕した。これは実忠が始めたともいう。道鏡政権下,東大寺少鎮として引き続き造営にかかわり,西大寺,西隆寺の造営にも従事した。良弁の死後,東大寺の要職を歴任し,同寺の維持に尽力した。最後は権別当。特に寺院造営の技術者として傑出した僧であった。<参考文献>「東大寺権別当実忠二十九カ条」(『東大寺要録』所収),佐久間竜『日本古代僧伝の研究』

(鷺森浩幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じっちゅう【実忠】

奈良~平安初期の東大寺の僧。良弁の弟子。生没年不詳。8世紀後半期の東大寺財政の危機に当たり収支を勘校して成果をあげ,あるいは造東大寺司の財政面にも良弁の目代として敏腕を振るい,財政運営に大きな功績をあげた。東大寺の造営修理についても,763年(天平宝字7)から771年(宝亀2)にわたって高さ11丈の大仏の光背を造り,大仏殿の天井を1丈上方に切り上げて光背を立て,764年には高さ8丈3尺の巨大な露盤を東塔に据えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

実忠の関連キーワードお水取り(東大寺)観音寺(京都府)天皇摂関大臣影亀山(市)観世音菩薩三条公忠土肥七助岡崎氏若山城笠置寺御水取長崎氏垂乳根名田荘本庄城等定頭塔

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android