コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲(み)込む/呑み込む ノミコム

デジタル大辞泉の解説

のみ‐こ・む【飲(み)込む/×呑み込む】

[動マ五(四)]
飲んでのどを通す。また、かまずにまる飲みにする。「生つばを―・む」「錠剤を―・む」
出そうになった言葉・あくびなどを出さずにおさえる。「口に出そうとした返事をあわてて―・む」
自然現象や大きな建造物などが、すっかり取り囲んでしまう。中に引き込んで、外に出さないようにする。「大観衆を―・んだスタジアム」「山津波が一瞬のうちに家々を―・む」
理解する。納得する。「すっかりこつを―・む」「状況を万事―・んでいる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

飲(み)込む/呑み込むの関連キーワード顎関節脱臼喉頭蓋山津波

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android