身に付ける(読み)ミニツケル

デジタル大辞泉の解説

身(み)に付(つ)・ける

着たり、はいたりする。また、からだにつけて持つ。「衣服を―・ける」「お守りを―・ける」
知識・習慣・技術などを自分のものとする。体得する。習得する。「一芸を―・ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

み【身】 に 付(つ)ける

① からだにつけて持つ。所持する。着たり、はいたりする。
※浮世草子・好色一代女(1686)五「髪の油迄も銘々に買なれば、身に付る事にはあらず」
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一五「膚身離さず身に付(ツケ)て置きなさい」
② 知識・習慣・技術などを自分のものにする。ならいおぼえる。
※後裔の街(1946‐47)〈金達寿〉一「彼が身につけている限られたことといえば、多少の語学」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身に付けるの関連情報