コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉本聰 くらもとそう

3件 の用語解説(倉本聰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉本聰
くらもとそう

[生]1935.1.1. 東京
放送作家。本名山谷馨 (やまやかおる) 。 1959年東京大学美学科卒業後,ニッポン放送に入社。 62年退社し,『君は海を見たか』など映画の脚本を手がけたのち,NHKテレビの連続時代劇『文吾捕物絵図』『赤ひげ』などのシナリオで新風を吹込んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉本聰 くらもと-そう

1934- 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和9年12月31日生まれ。ニッポン放送をへてフリーとなる。「文吾捕物絵図」「うちのホンカン」「浮浪雲」などの人気テレビドラマをかく。「北の国から」はテレビ大賞,向田邦子賞をはじめおおくの賞をうけた。昭和59年富良野塾を創立。映画作品に「駅STATION」など。東京出身。東大卒。本名は山谷馨。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉本聰
くらもとそう
(1935― )

シナリオ作家、放送作家。本名山谷馨(やまやかおる)。東京生まれ。東京大学文学部美学科に在学中から劇団「仲間」の文芸部に所属する。1959年(昭和34)ニッポン放送に入社、1962年にフリーとなり作家活動に入る。映画『月曜日のユカ』(1964)、『冬の華』(1978)、『駅』(1981)、テレビ・シリーズもの『六羽のかもめ』(1974)、『前略おふくろ様』(1975)、『北の国から』(1981)、架空の炭鉱町を舞台にした青春グラフィティ『昨日、悲別で』(1984)、テレビ一話完結の『ばんえい』(1973)、『うちのホンカン』(1975)、集団疎開した子供たちと教師と寮母の生活を描く『失われた時の流れを』(1990)など、作品の数は多い。また『北の国から』のスペシャル版としては『北の国から'83冬』『北の国から'84夏』『北の国から'87初恋』『北の国から'89帰郷』『北の国から'92巣立ち』『北の国から'95秘密』『北の国から'98時代』がある。同シリーズでは、北海道富良野(ふらの)を舞台に繰り広げられる黒板一家の兄妹(純と蛍)の成長を約20年間描き続けてきたが、2002年(平成14)『北の国から'02遺言』で、テレビドラマとしての『北の国から』は幕を閉じる。1977年、東京から北海道の富良野に居を移し、時代とかかわる文明批判を笑いとペーソスで描いている。[鳥山 拡]
『倉本聰著『さらば、テレビジョン――倉本聰エッセイ集 1975~'78』(1991・理論社) ▽倉本聰著『上流の思想・下流の思想――倉本聰・対談紀行』(1994・理論社) ▽倉本聰著『ゴールの情景』(1998・理論社) ▽倉本聰著『富良野風話』(2000・理論社) ▽北海学園「北海道から」編集室編『倉本聰研究』(1992・理論社) ▽平原日出夫著『倉本聰のこころと仕事――「北の国から」の愛』(1995・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倉本聰の関連キーワード新井一国弘威雄重森孝子田向正健中島丈博野上竜雄服部ケイ水木洋子山田信夫(2)森禮子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倉本聰の関連情報