コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傘連判状 からかされんぱんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傘連判状
からかされんぱんじょう

室町時代から江戸時代にかけての連判状の一形式。多数の者が一致団結して約束を誓うとき,円を書き,そのまわりに放射状に署名して花押 (かおう) を書いたもので,その署名連判状が傘を開いたように見えるのでこの名がある。この連判状は,署名者が互いに平等な立場で契約を守ることを,明確に表わすことにあったと思われる。典型的な例は,弘治3 (1557) 年 12月2日,毛利元就ほか 11名が軍陣における規制を申合せたときの契約状である。江戸時代,農民が一揆結託した場合にもこの形式をとっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

傘連判状の関連キーワード傘連判

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android