コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傘連判状 からかされんぱんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傘連判状
からかされんぱんじょう

室町時代から江戸時代にかけての連判状の一形式。多数の者が一致団結して約束を誓うとき,円を書き,そのまわりに放射状に署名して花押 (かおう) を書いたもので,その署名連判状が傘を開いたように見えるのでこの名がある。この連判状は,署名者が互いに平等な立場で契約を守ることを,明確に表わすことにあったと思われる。典型的な例は,弘治3 (1557) 年 12月2日,毛利元就ほか 11名が軍陣における規制を申合せたときの契約状である。江戸時代,農民が一揆結託した場合にもこの形式をとっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

傘連判状の関連キーワード傘連判

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android