連判状(読み)れんぱんじょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「連判状」の解説

連判状
れんぱんじょう

古文書の一様式。2名以上の差出人によって花押(かおう)か印が据えられた文書で、連署(れんしょ)ともいわれる。最初は花押のみであったが、印判使用に伴って連印の文書もさすようになった。差出人は、一般的には宛名(あてな)に近い位置ほど上位とされている。多人数のときは二列以上にわたって連署することがある。また、起請文(きしょうもん)の場合に、署名者の地位を平等とするためや指導者を隠すために環もしくは放射状に連署をするものがあり、傘(かさ)連判とか円(つぶら)連判などとよばれている。

長塚 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「連判状」の解説

れんばん‐じょう ‥ジャウ【連判状】

〘名〙 (後世「れんぱんじょう」とも) 同志の人々が名をつらね判を押した誓約書。また、願い状。連判帖。連判帳
※東寺百合文書‐は・暦応四年(1341)閏四月八日・被奪取負物証文等注文案「一通 百姓等れんはん状」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android