備前国分寺跡(読み)びぜんこくぶんじあと

国指定史跡ガイドの解説

びぜんこくぶんじあと【備前国分寺跡】


岡山県赤磐市馬屋にある寺院跡。吉井川と旭川にはさまれた平地に位置する。741年(天平13)に聖武天皇の勅願により、全国に建立された国分寺の一つである。1974年(昭和49)の発掘調査によって存在が確認され、東西約175m、南北約190mの築地塀に囲まれた境内には、南門中門・金堂・講堂・僧房が南北に一直線に並び、南門と中門がきわめて接近した特異な伽藍(がらん)配置であることがわかった。主要伽藍域が約218m(2町)四方であり、ほかの施設などを合わせると、方約327m(3町)といった広大な寺域をもっていたと考えられる。奈良時代の軒丸瓦(のきまるがわら)をはじめ各時代の多量の瓦、三彩陶器などが出土している。創建は奈良時代後半で、室町時代までには廃絶したと推定される。1975年(昭和50)に国の史跡に指定された。現在建物は残っていないが、鎌倉時代初期とみられる石造七重塔が立っている。近くに備前国分尼寺(にじ)跡、両宮山(りょうぐうざん)古墳がある。JR山陽新幹線ほか岡山駅から宇野バス「岩田」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android