催淫剤(読み)さいいんざい

日本大百科全書(ニッポニカ)「催淫剤」の解説

催淫剤
さいいんざい

性欲を催させる薬剤男女のいわゆる房中術の一つとして用いられる。相手に服用させてくどく目的のときは媚薬(びやく)として使われ、自分の衰えぎみの性欲を強めるために用いるときは回春剤としての服用になる。しかし、「催淫」という表現はあまりに直接的なので、一般的には「媚薬」あるいは「回春剤」「強精剤」とよぶ。

[深作光貞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「催淫剤」の解説

さいいん‐ざい【催淫剤】

〘名〙 男女の性欲を催させ、生殖器の機能を増進させる目的で使用する薬剤。催淫薬。催春薬。
※神経病時代(1932)〈佐多芳久〉「婦人の性慾減退に対しても〈〉色々の催淫剤が作られてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「催淫剤」の解説

さいいん‐ざい【催淫剤】

性欲を増進させる作用をもつ薬剤。催春剤。媚薬びやく。催淫薬。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android