強精剤(読み)きょうせいざい(英語表記)antex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強精剤
きょうせいざい
antex

性腺刺激剤の商品名から一般名となった。一般的な心身の衰弱老化を補う強壮剤の意味もあるが,普通は性欲,性行為能力の強化を期待する薬剤で,理論的な根拠は乏しく,ほとんど民間薬として伝えられたものである。植物では,クロマメ黒ゴマニンジン (朝鮮人参) などが賞用され,動物質のものとしては,古くから鹿茸 (ろくじょう。雄ジカの若角) などが世界各地で珍重されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

強精剤【きょうせいざい】

狭義には催淫(さいいん)薬ともいい,脊髄勃起(ぼっき)中枢に作用,興奮させるもので,ヨヒンビンが代表。その他民間薬としてイカリソウガガイモなどが当てられている。広義には種々の精神賦活薬(カフェインなど)やイミプラミンなどの抗抑鬱(よくうつ)薬などを指すことがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうせいざい【強精剤】

狭義には催淫薬同義語とみなされるが,広義には強壮剤や性ホルモン剤,興奮薬などを含めて指すこともある。男子の性交不能症(インポテンツ)を治療するための薬物と考えることができる。性交不能症には種々の形が含まれるが,陰茎の勃起不能または不完全を改善する目的の薬物を最も直接的に強精剤とよぶ。生薬成分由来のヨヒンビンとストリキニーネがまずあげられるが,ストリキニーネは一般的な興奮が強すぎる点,強力な毒物である点から使用はきわめて危険である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうせいざい【強精剤】

精力を増強する薬。広義には強壮剤と同義に、狭義には男子の性交不能症を治療するために用いる薬剤をいう。強精薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強精剤
きょうせいざい

男子の陰萎(いんい)(インポテンス)の治療に用いる薬剤で、催淫(さいいん)剤ともいう。勃起(ぼっき)中枢興奮薬としてヨヒンビンなどがあるが、副作用が強く、大量に用いると腎(じん)障害、中枢神経麻痺(まひ)などをおこし、呼吸麻痺死に至ることもある。内服すると尿中に排出されるとき尿路を強く刺激して陰茎を勃起させるものにカンタリス剤があるが、これも腎炎をおこす危険がある。また、性器の発育を促進させる性ホルモン剤、勃起維持に奏効する局所麻酔剤を含有する軟膏(なんこう)も用いられる。漢方では八味(はちみ)丸(八味地黄(じおう)丸)がもっとも有名であるが、人参(にんじん)、淫羊(いんようかく)、枸杞(くこ)子などもよく用いられる。
 催淫剤ではないが、男性の性機能障害である勃起不全(Erectile Dysfunction)の治療薬として、世界的話題になった「バイアグラ(シルデナフィル)がある。シルデナフィルは陰茎海綿体のサイクリックGMP特異的ホスホエステラーゼ5(PDE5)を選択的に阻害し、神経および海綿体内皮細胞由来のNO刺激により産生された陰茎海綿体内のサイクリックGMP分解を抑制することにより、陰茎海綿体平滑筋を弛緩させ、血流量が増加し、陰茎を勃起、維持させる。1998年5月アメリカで発売され、続いてヨーロッパをはじめとして世界各国で使用されるようになった。日本では1999年(平成11)3月発売された。内服薬で、25mgと50mgの錠剤があり、医師の診断によってのみ交付される「処方せん医薬品」である。血管拡張剤である硝酸剤、ニトログリセリンや硝酸イソソルビドなどとの併用は過度に血圧を下降させるので厳禁。また心血管系障害のある人にも授与してはならない。
 バイアグラに続いて、「レビトラ錠」(バルデナフィル)5mg、10mg、20mg、「シアリス錠」(タダラフィル)5mg、10mg、20mgが発売された。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうせい‐ざい キャウセイ‥【強精剤】

〘名〙 心身の活力や性欲を増進させるために用いられる薬剤。
人間失格(1948)〈太宰治〉第三の手記「薬が無いと仕事がちっとも、はかどらないんだよ。僕には、あれは強精剤みたいなものなんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の強精剤の言及

【媚薬】より

…惚薬にまつわる話は西洋にもあって,アーサー王伝説中のトリストラム(トリスタン)とイズルト(イズー,イゾルデ)の悲劇は,イズルトがマーク(マルク)王と結婚する夜に2人で飲むべき惚薬をトリストラムとイズルトが飲んでしまったことで決定的となった。 体力増進をはかる強精剤も,性的能力を高めて性欲を高進させることになるので広義の媚薬に含まれる。総じて媚薬の中には薬理的に催淫作用が肯かれるものもあるが,荒唐無稽なのも少なくない。…

※「強精剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強精剤の関連情報