コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僮約 どうやく Tong-yue

2件 の用語解説(僮約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僮約
どうやく
Tong-yue

中国,前漢の戯文。王褒 (おうほう) の作。奴隷を買うにあたって,その義務となる仕事を証文として書き連ね,そのため当の奴隷がだんだんしょんぼりしてゆくという内容。当時の豪族内の雇用形態などを知るうえでの貴重な資料にもなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうやく【僮約 Tóng yuē】

中国,後漢時代の詩人王褒の作品。王褒が成都の寡婦から1人の奴僕を買いとるという想定で契約文書になぞらえて作った押韻の戯文。家内の労務,荘園の生産と管理,遠近の市場における農工生産物の売買など,ありとあらゆる労働が奴僕の義務としてユーモラスに書きこまれ,読者の笑いをさそう。当時の人身売買文書の形式や四川地方における豪族の経済生活をうかがうのに好適の史料である。【谷川 道雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

僮約の関連キーワード王通王褒歌行後漢中州集張仲景十才子杜詩李杜ルーマニーユ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone